4月4日ゾロ目の本日。私事でございますが、いよいよブログを開設いたしました。
ゾロ目ってなんだかおめでたいかんじがしていいですよねぇ。
奇しくも私の年齢もただいま44歳。
なんだかめでたい新たな門出の気分でございます。
え?おめでたいのはお前の頭だ?
はいぃ~。いかにも、ごもっともでございます。

あ、申し遅れました。
私は『SOD風俗覆面調査団』特命係の杉下左京と申します。
社会に疎まれ組織に疎まれ貧乏ながらも、どうにかこうにか生きながらえてまいりました。しがない中年男でございます。
中年とはいえそこは男でございます。
相棒である”肉棒”の『亀頭くん』が時おりどうしようもなく暴れだしたりしてしまうのです。
そんな矢先にAV業界の雄、天下のソフトオンデマンド(以下SOD)が『風俗覆面調査団員』の募集をしていることを知りました。去年の夏頃のことだったと思います。その時は、とても心ひかれながらも、世間体など色々心配してしまい、応募は見送りました。
そうこうしているうちに、43歳から44歳になり、あっという間に新年を迎えてしまいました。時が過ぎゆくのは早いものです。
そして、ふと思ったのであります。
「人生80年としたなら、もうとっくに折り返し地点は越してしまっている。」
元々守るべきものなどたいしてございません。
世間体とかなんだとかを気にするより好きなこと、興味がむいたことに時間を費やしたほうが人生は豊かではないのか。どうせ生きるなら自主規制をとっぱらって、面白く生きたほうが良い、という思いに至ったのであります。
そこであらためてSODの『風俗覆面調査団の募集』を見ると、「残り枠あとわずか!」となっておりました。あわてて応募し、無事『風俗調査団員』に合格したというのがいきさつでございます。

ちなみに「残り枠あとわずか!」といいながらも、今現在もまだ募集しております(笑)。
なかでも40~70代の団員数は少ないようですので、我こそはという方は応募してみることもひとつかもしれません。

さて、このブログにおいては
CP(コストパフォーマン)付き風俗調査レポートページを補完する意味合いとともに、
しょ~もないことも含めてぽつぽつ書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

風俗遊びにおいては、けして安くはないお金を費やします。
そんな中でパネマジ、不当価格、竹の子剥ぎなど悪徳な店舗が存在しているのも事実です。みなさんも何回かはご経験がおありかと思います。
ええ。もちろん私も幾度か経験しております。
しかしながら、由々しきことにそうしたお店は後を絶ちません。
彼らには聞こえないのでしょう、騙された男性客たちの悲痛な叫びが。

そこで、SOD風俗覆面調査団を通して、お店や女性の良し悪しや
コストパフォーマンスが高いかどうか、「真実」を探求し続けたいと思います。
ぜひとも温かい目で見て頂けたらさいわいです。