SOD風俗覆面調査団特命係・杉下左京でございます。
こんなニュースが飛び込んできました。

「高校生を相手に授業した後は風俗店で客に大人の授業――。大阪府教育委員会は2日、勤務時間外に性風俗店で働いたとして、府立高の女性教諭(29)を停職6か月の懲戒処分とした。地方公務員法は、原則として営利目的の副業を禁止している。教諭は同日付で依願退職した。」とのこと。

いやぁ、本物の女教師におちんちんを舐めてもらったり、実際の性教育を体感させてもらえたお客たちは、なんともうらやましく素晴らしい体験をされたことだったでしょう。
こういうのチクる奴ってのは、本当に下衆で不粋で人間のクズだと思いますねぇ。
人にはそれぞれ事情があるわけですし、そっとしておいてあげれば、彼女もお客も幸せに過ごせていたものを。ああ、もったいない。。。

大間のホンマグロや神戸牛など、食材をみても、「本物」であるということはブランド的な価値が高いわけであります。本物の女教師、本物のキャビンアテンダント、本物の秘書、本物のナース、本物のモデル、本物のJK(おっと、今の御時世ではNGですな)など、本物に出会えた時の喜び、本物の醸し出す質感は何物にも変え難いものがあるのであります。そういう価値がわからない輩が自分は楽しむだけ楽しんでおいて、後でチクったということでしょうか。あまりに愚かなる行為であります。

とはいえ、「本物の現役女教師」のブランド力は高いですが、はたしてルックスはどうだったのか、サービスはどうだったのか、お客の満足度はどうだったのか、なども気になりますねぇ。お金を払う以上、総合的なCP(コストパフォーマンス)の高さこそが結果的に重要でありますから。

ということで、風俗に行かれる際には、総合的なCP(コストパフォーマンス)度と調査レポートが充実しているSOD覆面調査団風俗ランキングを、ぜひご覧頂ければと存じます。